業務内容

外壁塗装

外壁にはコケ・ホコリ等、そしてクラック(ひび割れ)サイディングの目地の劣化等、長年の経過と共に様々な症状が現れてきます。
先ず最初に外壁の状態を分析し、ご報告をする診断書を作成いたします。
お客様に理解していただいてから材料を選び、丁寧に洗浄をし汚れを取り適切な下地処理をしてから下塗り→中塗り→上塗りの順番で施工しています。
もちろんお客様には、今、何を塗り、どの様な作業をしているのかをご報告して施工に努めております。

屋根塗装

お客様にとって一番見えない部分が「屋根」なのではないでしょうか?
多くのお客様のお宅を塗り替える時、屋根のご心配をされる事が多い気がします。
そして多くの大手ハウスメーカーの営業マンは屋根の事を話して、過敏にお客様の不安を煽るケースもよくあります。
当社は現状の写真を撮り、お伝えして適切な診断を心掛けています。
ですので「まだ2,3年は持ちますよ」…と、率直にお伝えする事もあります。
不安を煽るのではなく、見える仕事(工程写真等)で安心していただけるよう、施工に努めています。

ベランダ

ベランダはお宅によって数々の種類が有り、診断をすると色々な症状が視られます。
コーキングの劣化・防水材の亀裂・塗装の劣化や腐食・ドレイン(水の流れの詰まり)などが多く見られる現象です。
お客様が見づらい部分に多くの劣化の現象が現れているケースもよくあります。
写真を用いるなど、適切な診断で現状をお知らせして、最良の施工をお約束いたします。

鉄骨階段

鉄骨階段は店舗のオーナー様またはアパートのオーナー様等からのご依頼が多く、まず重要なのはケレン(錆落とし)を徹底的に行います。
この作業は、錆止め→中塗り→上塗りの仕上がりに大きく差がでます。
手抜きをする事の出来ない作業と成ります。
ケレンが完全に完了後、丁寧に工程作業を進め見違える様な仕上がりを目指します。

室内塗り替え

室内の塗り変えの多くは木製枠や木製の建具など、もしくは内壁のクロスの雨漏りなどや、お風呂場の木枠のきしみ・階段・天井・床のきしみ塗装以外にも多くの症状が見られます。
当社では、塗装以外のトータルメンテナンスも承っております。
小さな悩みでもお気軽にご相談ください。
無理な施工はお勧めいたしません。
当社ではあくまでも、お客様に素直なご診断の目安になればと考ております。

木部塗装

実は外装の中で一番早く痛むのは木部と言われております。
雨樋の様な水廻りが絡む木部は特に痛み易い部分でもあります。
当社では特に木部の施工に力を入れケレン→下地調整(腐りかけた部分は、補修または差し替えたりも致します)写真を例に出せば、木部専用下塗り→中塗り→上塗り(艶がでるまで塗ります)と工程と成ります。
お客様のお宅に木部等があしましたら、一度注意深くご覧いただくことをお勧めいたします。

鉄部塗装

鉄部は塗幕の劣化、剥離と共に錆の腐食が進行します。
腐食し、水などが溜まると進行も早まります。
腐食が進み続けると補修・修繕などをしなければなりません。
鉄骨階段でもお話した様に鉄部はケレン(錆落とし)が重要てす。
このようなな現象が現れた場合は施工をお勧めいたします。

特殊塗装

木目塗装をはじめ、錆風塗装、大理石、左画面は大谷石のトリックペイントにチャレンジしてみました。
よりリアルな仕上がりであればあるほど、常識ではペイントであることを意識しない反面、解った人には強いインパクトを与えることができます。
既製品にない表現や空間演出も自在に操る事ができ、私たちの周りでも密かに増えつつあります。
室内外問わず塗装できる物であるのなら、無限の広がりと効果の出る塗装技術です。
建物のリノベーション、子供部屋の模様替え、店舗内装など…様々な効果と夢を与えるトリックペイントを是非一度お試しください。

防水工事

目に見えないところで進行しているのが水の恐怖です。
水の怖い所は、見えない所から入り込んでくることです。
防水工事の症状としては目地材が飛び出していたり防水塗料が剥がれていること、また防水シートの膨れやめくれなども目安としてください。
防水工事は作業工程を守り、細かい箇所まで手を抜かずに施工することが長期にわたり水から建物を守ることに繋がります。